会則と役員

会則

(目的) 第1条 本会は、北海道におけるエンデュランス競技(長距離耐久騎乗競技)普及と技術の向上並びにこの競技に適した馬の生産、育成、調教等に関する知識の集積を行うと同時に、 会員相互の親睦と交流を図ることを目的とする。
(名称)
第2条 本会は、北海道エンデュランス協会(HEA)と称する。
(事業)
第3条 本会は、第1条に掲げた目的達成のために、次の事業を行う。
(1)耐久競技に関するイベント等の企画、運営並びに開催支援
(2)耐久競技の研究や耐久競技馬の生産、育成、調教等の技術向上のための講演会や研究会の開催
(3)耐久競技に関連する諸団体との連携及び情報の交換
(4)その他、第1条の目的達成のための事業
(事務局)
第4条 本会は、事務局を河東郡鹿追町南町1丁目24 株式会社三井組内に置く。
(会員の資格)
第5条 本会の会員は、本会の目的に賛同する個人を原則とする。ただし、獣医師等を特別会員とすることができる。
(加入)
第6条 本会に、会員として加入しようとする者は、加入申込書に初年度の会費を添えて申し込まなければならない。
2 入会申込書の提出と入会金、年会費の納入をもって加入とする。
3 本会の入会金及び年会費は次の通りに定める。年度途中での新規入会も同額とする。
但し、新規会員は騎乗者資格取得を事業年度内に10,000円を上限に1回限り北海道エンデュランス協会に申請により補助する。
新規会員 15,000円(入会金10,000円、年会費5,000円)
継続会費  5,000円(年会費5,000円)
(会員の資格喪失)
第7条 会員が次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1)退会したとき。
(2)死亡し、若しくは失踪宣告を受けたとき
(3)協会の定める会員更新手続き期間内に継続手続きを行わないとき。
(退会)
第8条 本会を退会しようとする者は、退会届を会長に提出することにより、退会することができる。
(会費等の不返還)
第9条 会員が、既に納入した会費その他の拠出金品は返還しない。
(役員)
第10条 本会に、次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 2名
(3)理事 若干名
(4)事務局長 1名
(5)事務局次長 1名
   会計は、三井組で担当する。
(6)会計監事 2名
(役員の選任)
第11条 役員は、総会において選任する。
(役員の任期)
第12条 役員の任期は、2年とする。ただし再任を妨げない。
(総会)
第13条 総会は、毎年1回開催する。
2 総会は会員の出席者及び、委任状の提出によって成立する。
3 総会における議決は出席者の過半数以上の賛成をもって成立とする。
(顧問、賛助団体)
第14条 本会に顧問、賛助団体を置くことができる。
(会計)
第15条 本会の会計は、会費、賛助金、寄付金、補助金等をもって充てる。
(事業年度)
第16条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
(慶弔費)
第17条 本会の会員等について慶弔費を支給することができる。
(1)会員死亡の場合・・・10,000円
(2)その他必要と認められた時は、正副会長合議の上決定する。
(雑則)
第18条 この規約の施行について必要な事項は、この規約で定めるものを除き、役員会の議決を経て別に定める。
 2 本会の事業を円滑に遂行するために次の部会を置き、総務部会は各種手続き、会員等の問合せの対応、物品の購入、他の機関等との連絡調整を行う。獣医部会は獣医関連手続き、会員の問合せの対応、他の機関等との連絡調整を行う。
附 則
1.この規約は、本会の成立の日から施行する。
2.平成11年度に限り、事業年度は本会の成立の日、平成11年5月22日から平成12年3月31日とする。
3.平成23年4月16日 一部改正
4.平成27年3月8日 一部改正(役員人数変更)
(2)副会長    3名⇒2

役員

会 長 三井 福成
副会長 両角 陽一
副会長 賀山 高
理 事 安永 美登里
理 事 吉田 道宏
理 事 斎藤 博
理 事 菅原 末治
理 事 阿部 栄子
理 事 奥川 謙
理 事 谷津 江里
会計監事 片山 彰
会計監事 大城 康子
事務局長 菅原 福次
会計・事務局長 羽根田 和代

任 期 : 平成28年度〜平成29年度

ページ上部へ